*

夏生まれ!夏大好き!七夕って7月?8月?

公開日: : 最終更新日:2018/07/30 イベント

 

 

 

夏女

 

7月に生まれた私は自称夏女!

 

マリンスポーツは縁がありません。

極度のインドア派です。

 

なのに、どうして、夏女?

だって、夏が大好きだから。。。ヾ(≧▽≦)ノ

 

夏が来るとワクワクしちゃいます。

夏の思い出って、たくさん覚えていませんか?

そして、夏になると思い出しませんか?

 

そして、夏には欠かせないイベントがありますよね!?

 

 

 

七夕!

 

夏と言えば七夕!

そう思っているのは私だけ?

 

毎年かざります、七夕飾り!

お見せするほどのものじゃありません。

でも、ここ最近のを披露しちゃいます。

      

 

      

 

笑っちゃいます。

購入したお飾りは全くありません。

全部折り紙で、しかも適当に作ってます。

 

それでも飾りたいんです。

飾らないと気が済まないんです(^^;)

家族も協力して短冊だけは書いてくれます。

 

そして、一人で、

今年も夏がやってきた!

って、しみじみとひたります。

 

 

七夕って7月?8月?

 

ひたったあとは、どうして8月に七夕祭りをやるところがあるんだろう?

って、考えます。

織姫と彦星が出会うのは、7月7日なのに。。。

 

 

調べてみました。

7月7日は旧暦の8月20日ごろ。

昔ながらの行事は、旧暦で行われることが多く、

本来ならば8月20日が七夕!といいたいところです。

でも、日本で昔使われていた暦である太陽太陰暦は、

月の満ち欠けや太陽の動きを基準にしているため、

ズレが生じてきてしまうそうです。

だから毎年8月20日というわけにはいかないので、

7月7日を1か月ずらして8月7日にした地域もあるそうです。

 

そして、7月7日だと梅雨の時期だったりする場合もあるので、

8月7日の方が天候に恵まれる可能性が高いという考えもあるようです。

 

8月7日に七夕祭りを行う地域を調べてみたら、

西より東の方、主に北海道や東北が多いみたいです。

私の感想ですが、東の方が梅雨が明けるのが遅いため、

8月にした方がお天気の心配をしなくて済むからかな?

 

どちらにしても、昔に比べると季節感が薄らいできて、

昔ながらの風習や行事が減ってきたように感じます。

それはとても寂しいことなので、守れる限りは守っていってほしいなって思います。

何もせずに、高みの見物で意見だけを述べるべきではありませんが、

古き良き日本を愛する者としての希望です。

 

最近、増えてきている歴女さんたちも

そういう思いを抱かれていらっしゃる方が多いと思います。

進化も大事ですが、古いものを大切にする心も忘れたくないですね。

 

 

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑