*

ドラマ「グッド・ドクター」は山﨑賢人さん始め上野樹里さん、藤木直人さんなどキャストが最高

公開日: : 気になる話題

 

 

 

グッド・ドクターとは

 

自閉症スペクトラム障害を抱えている新堂湊(山﨑賢人)は、

人とコミュニケーションをうまく取れないながらも、

ずば抜けた記憶力と純粋な心で小児科医として働く姿を描いています。

 

 

 

第四話

 

公園で具合が悪くなり運ばれてきた少女は誰とも口を利かず

名前も住所も、そして気持ちも症状による不快感なども一切わからない。

 

そのうちに身元が分かり、義母が持ってきた荷物に日記があった。

偶然少女の日記を見た湊は書いてあることを誰にも言わないでほしいと頼まれ

自分の立場を顧みず約束を守り通す。

 

病院を抜け出した少女は公園で容体が悪くなり、

湊により運ばれ緊急手術をする。

手術は成功し、次第に少女の気持ちや置かれている立場が明らかになり、

最後には少女にとって幸せな日々が戻ってくる。

 

 

 

気持ちがスッキリ

 

そんな第四話を見ていて気持ちがスッキリする場面がいくつかありました。

 

まず、湊が少女との約束を守り通して何も語らず、

自分はクビになるかもしれない状況で、

約束を守り通した湊にも気持ちが洗われるようでスッキリでした。

そして、上司である高山(藤木直人)が実は湊が少女のつらい気持ちを知っていることを

いち早く察したところがじれったさを与えずすごく良かったです。

 

そして、常に湊をサポートしている夏美(上野樹里)は、

周りの意見や命令にも気持ちを揺さぶられることなく、

湊の事を信じて認めて、さらに尊敬さえしている所が本当にスッキリします。

夏美の存在が湊を大きく支えていることがこのドラマの安心感です。

 

そして、第四話の一番の見せ場は、

少女のお父さんが少女の気持ちや少女が自分の再婚相手にされていた仕打ちを知り、

迷うことなく再婚相手を突き放したところだと思います。

きっぱりと三行半を突き付けたところが最高にスッキリしました。

娘である少女の言葉を何一つ疑うことなく、

少女の事を第一に考えたおとうさんに拍手を送りたかったです。

 

 

 

山﨑賢人さんと周りのキャストさん

 

このドラマは何と言ってもキャストさんがよいですね。

山﨑賢人さんの演技もとても上手で、

すごくよく研究して演じていることがうかがえます。

 

そして、山﨑賢人さんを取り巻くキャストさんたちも、

上野樹里さんは確かな判断力と素晴らしい人間性の役を演じ、

それがとても自然なのできっとご本人もそういう方なのだろうと思います。

 

藤木直人さんは、湊に冷たい態度を取りながらも

本当はちゃんと湊の事をわかっていて、

物事を見極める力をちゃんと持っている人なのだなっていう、

高山医師の役がとってもはまっていて観てて小気味よい感じがします。

 

 

 

今日の第五話

 

今日の第五話も湊の病状に対する的確な見立てと、

患者さんに寄り添う姿が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑