*

ムーミンの世界が体感できるトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園は無料で楽しめるスポット

公開日: : 最終更新日:2018/07/30 おでかけ

 

 

トーベ・ヤンソンさん

 

埼玉県飯能市にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

 

トーベ・ヤンソンって?

って、思う方もたくさんいらっしゃると思います。

あの「ムーミン」の作者さんのお名前なのです。

そのトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りから始まったという、

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園!

 

行ってみてびっくりヾ(≧▽≦)ノ

本当にムーミンの世界がそこにありました。

そして、うれしいことに無料で楽しめちゃうんです。

 

 

 

ムーミンの世界

 

車を駐車場に止めてテクテク歩いていくと、

まず目につくのが「子ども劇場」

 

いろんなイベントが行えるホールになっていて、

おしゃれな体育館的な印象です。

使っていない時は、自由に中で遊べちゃいます。

下は洞窟みたいになっていてそこに管理事務所とトイレがあります。

 

子ども劇場から少し行くと「カフェプイスト」があります。

今年の4月1日にオープンしたばかりですが、

もうしっかり公園に馴染んじゃってます。

 

キッズスペースやキッズメニューがあって、

お子様連れのママたちに大人気!

大人だけで行ってもゆったりとくつろげちゃう空間になっていて

いつまでもいたくなっちゃいます。

 

 

カフェを出ると、見たことのある建物が。。。

ムーミンパパが作った水あび小屋?

完全にムーミンの世界に迷い込んじゃってるぅ~(^▽^;)

 

 

そのまま道なりに公園をぐるっと回るみたいに歩いて行くと、

 

橋が。。。

 

 

橋を渡って着いたのが「森の家」

あらら、後ろ向きしか撮影していないみたいで

すみません(^^;)

 

中はとっても素敵な空間になっています。

資料展示コーナーや図書コーナーがあり、

落ち着いた雰囲気です。

 

 

そしていよいよ「森の家」

「ムーミン屋敷」とも言われ、この中が楽しいんです。

 

もう童心に帰っちゃいます。

 

いつまでもいたくなります(●^o^●)

 

地下は小さなホールみたいになっていて、

周りに椅子があり、子供を遊ばせながらママたちが見ていられる!

そんな場所です。

しかも涼しくて、目の前にはこんな景色が広がっています↓

 

外に出て、こんな風景でたたずんで↓

 

ムーミンワールドに最後の最後まで浸りつつ、

名残惜しい気持ちを振り払って帰りました。

 

 

 

知らなかったことにショック

 

こんなに良いところがあるなんて知らなかったぁ~(T_T)

しかも平成9年に開園して20年以上もたっていたなんて。。。

 

開園当時に名付けられた「あけぼの子どもの森公園」が

「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と改められたのが今年の6月1日!

名前が改められてからはすぐに知ったってことで、勝手に納得(^▽^;)

 

 

 

まだまだ広がるムーミンワールド

 

そして。。。。。

ムーミンの世界はこれでは終わらない!

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ(無料)」が2018年11月9日に、

「ムーミンバレーパーク(有料)」が2019年3月に、

同じ飯能市内に2つのエリアに開業するそうです。

 

飯能市はムーミン市になっちゃいそう(≧▽≦)

でも、ものすご~~~く楽しみです。

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑